もう探偵はごめん (ハヤカワ・ミステリ 1153)



名探偵登場 (1) (Hayakawa pocket mystery books (250))建築探偵雨天決行名探偵登場 (3) (Hayakawa pocket mystery books (252))枯れてたまるか探偵団〈2〉コロシもあるでヨ (小学館文庫)ひまわり探偵局長靴をはいた犬―神性探偵・佐伯神一郎 (講談社文庫)黒蜥蜴―名探偵登場! (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)もう探偵はごめん (ハヤカワ・ミステリ 1153)わたしにもできる探偵稼業 (ハヤカワ・ミステリ文庫)青い宝石盗難事件―ホームズは名探偵 (フォア文庫)


もう探偵はごめん (ハヤカワ・ミステリ 1153)

ジャンル:
セールスランク:672468 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,050 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ウールリッチの多彩な作風のショーケース

7編の短編を収めた短編集です。ウールリッチの様々な傾向の短編の中からバランス良く選ばれており、彼の作風を知りたい人には格好の入門書ですが、その中からある作風を気に入ったとしても、同傾向の作品が他にないところが玉にきずです。個人的には、ニューヨークで挫折する若者たちを描いたセンチメンタルな「バスで帰ろう」(創元推理文庫にも収録)や信頼していた人への信頼が崩れる悲しみを描いた表題作「もう探偵はごめん」が特に気に入っています。他には、特に叙情を交えず、犯罪者の企みと失敗を描いた「札束恐怖症」、ホラー小説的な色彩を持つ「モンテズマの月」などが注目に値すると思います。

ラストに収録されている「黒いリズム」はブードゥー教の音楽をレパートリーに取り入れたジャズ楽団リーダーの物語ですが、後の長編「死はわが踊り手」の元となった作品だと思われます。
できはいい

しっかり落ちのあるプロらしい短編集。時代を感じさせるが、まだまだ楽しめる。しゃれた都会的な作品群。
粒ぞろいの短編

甘く柔らかく、苦くて硬い。ウールリッチ独特の雰囲気のただよう(これは訳文の力もあるのでしょうが)7作を収めた短編集。
収録作は「札束恐怖症」「もう探偵はごめん」「バスで帰ろう」「歌う帽子」「おまえの葬式だ」「モンテズマの月」「黒いリズム」の7作。

実際には絶対に無理だろうという方法で依頼人を救う弁護士の話「札束恐怖症」、友人にかかった殺人の嫌疑を晴らそうとはじめた調査で明らかになる意外な真実「もう探偵はごめん」、有名長編の元となった短編で、どちらも内容・結末は同じなのですが、短い分だけキレの良さとタイムリミットまでの緊迫感は長編より上の「バスで帰ろう」(その分、夜の闇のジットリとした重さまで感じれるくらい濃密に書き込んであって、ウールリッチらしさという点では長編のほうが上です)など、どれをとってもおもしろい。
ウールリッチの短編はハズレが少なくて安心して読めますよね。



早川書房
睡眠口座 (ハヤカワ・ミステリ 296)







         
         
         
         

Ads by Sitemix