ジャズに生きた女たち (平凡社新書 (406))



チャーリー・パーカーの伝説 (晶文社クラシックス)マイルスに訊け!200CDテクノ/エレクトロニカ―新世代電子音楽ディスクガイド (立風書房200音楽書シリーズ)Boowy Beat emotionデレク&ザ・ドミノス インサイド・ストーリー―名盤の裏側バンドスコア hide BEST ~PSYCHOMMUNITY~ (バンド・スコア)ピアノわかーる曲集 1DJ HANGER直伝!炎のスクラッチ・テク50連発―Groove presents (リットーミュージック・ムック)ジャズに生きた女たち (平凡社新書 (406))バンドスコア/ハロウィン「マスターオブザリングス」


ジャズに生きた女たち (平凡社新書 (406))
ジャズに生きた女たち (平凡社新書 (406))

ジャンル:
セールスランク:16245 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 798 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

メリー・ルー!

戦前のジャズなど、今の日本ではおよそ陽が当たらないのだが、その中でも「女性」となると、更に壊滅的である。そこを掘り起こした著者の着眼に、先ずは敬服したい。
ジャズの「創造者」ルイの妻からベッシー・スミスあたりまではおおかたの想像がつく登場人物だが、二人に続くメリー・ルー・ウィルアムスにはがっくり参った。スイング期からモダン期にいたるまで、作編曲家・ピアニストとして活躍した彼女だが、このような形で取り上げた人がいったいどれだけいただろうか。本書を機会に再評価されればこれ以上のことはない。
圧巻は2章に渡るビリーだろうが、女性ジャズ音楽家の中でもその一生がかなり知られている部類のビリーの生涯を、これだけ生き生きと書き表した書物も数少ないと思う。
残念なのは「ソングブック・シリーズ」の元祖をエラだと誤認している点だ。エラより先立つこと十数年、白人歌手のリー・ワイリーがすでにガーシュインやコール・ポーター等のソングブック録音をしていることを忘れてはならない。
ぜひ読んで欲しい

ジャズ評論家の中川ヨウさんの新著であるが、全編に流れているのはジャズとジャズに関わった女性への限りない愛情である。ジャズ評論家の著書では「マイルスは全て最高」「コルトレーンへの批判は許さない」「ブルーノートのみが唯一のジャズ・レーベル」であると言ったジャズに対する「偏愛」にへきへきする本も多いが、この本の基調は「ジャズへの純愛」である。そこがいい。特にビリー・ホリデイに成り切ったような文章には、著者の深い思い入れと愛情を感じる。ジャズに関わった女性たちの悲しくもあり、切なくもあり、喜びの物語でもある(松本敏之)



平凡社
ジャズに生きた女たち
こだわりアメリカン・ルーツ・ミュージック事典―先駆者60人の足跡 (生活人新書 249) (生活人新書 249)
ジャズマンがコッソリ愛するJAZZ隠れ名盤100
ジャズ喫茶 四谷「いーぐる」の100枚 (集英社新書 421F) (集英社新書 421F)
ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)







         
         
         
         

Ads by Sitemix