「家をつくる」ということ (講談社文庫)



無責任の連鎖 耐震偽装事件ゼッタイ失敗しないマイホーム購入大満足ガイドブック―知識もお金もゼロからのマイホーム獲得実践マル得マニュアル欠陥住宅の見抜き方・直し方77のポイント―雨漏り・振動・ヒビ割れ・音・悪臭…住まいのトラブルの傾向と対策 (DO BOOKS)体にいい家長持ちする家アメリカンガレージ―Garage life special (Neko mook (815))建築家30人の“わが家”―プロは自邸をこう建てた「家をつくる」ということ (講談社文庫)信頼できる工務店103―丈夫で長持ちする住宅をつくるわかりやすいマンション判例の解説―紛争解決の実務指針集まって住む (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)


「家をつくる」ということ (講談社文庫)
「家をつくる」ということ (講談社文庫)

ジャンル:
セールスランク:309716 位
発送可能時期:通常4〜6週間以内に発送
参考価格:¥ 700 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

家族を考えるには、参考になります

〜住宅で初めてグッドデザイン賞を受賞したミサワホームの注文住宅から、家づくりとは何か、家族とは何かを調査・考察している。全編を通して著者は、関係が悪化している家族、凶悪犯罪を起こすような子どもが育ってきた家族の家の間取りを見ると、共通点が浮かび上がってくると主張している。いろいろな文献を当たって書かれたようで、読み応えはあったけれど〜〜、首をひねる点がいくつか。

まず、家づくりについて熟考している様子なのに、なぜハウスメーカーの建てる家は疑ってかからないのか。途中、ミサワホームの広告を読まされているのかとさえ思った。さらに、「問題のある家族は、こういった間取りに住んでいる」と言ったところで、それは家族の間における問題が家の使い方にも現れていると言うだけであって〜〜、正しい間取りの家にさえすれば問題が解決するわけではないのに、その先に何を主張しようとしているのか。この著者は、問題の設定の仕方やアプローチの方法が、独りよがりだと思う。

家を抜きにして、どういう哲学で家族をつくり、子どもを育てればよいかという点については、参考になったし、面白かった。〜



講談社
なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか
人生の教科書 家づくり (ちくま文庫)
ここがわが家でいちばん大事な場所!家族のキッチン&ダイニング
暴走老人!
主婦が考案した住みやすい家102の知恵―使い勝手のよい設計プラン実例集







         
         
         
         

Ads by Sitemix