通じる英語・上達のコツ (新書y)



海外で暮らすためのとりあえず英会話―海外生活に必須の日常会話フレーズ1500 (Nova books)ゼッタイ話せる英文法―英会話に必要な文法知識が3コママンガでラクラク身につく!英語でサッカー! (Mobile English)中学校で英語ぎらいになった人のための CD BOOK 日本一やさしい英会話 (アスカカルチャー)英会話ほんとは論理力―思ったことが言える!ロジック練習帳 (CDブック)国連英検A・B級必修単語1000 (CDブック)必ず話せるビジネス英会話 (主婦の友ベストBOOKS) (主婦の友ベストBOOKS)通じる英語・上達のコツ (新書y)Listen&Repeat 使える英語を身につけるビジネス・イン・アメリカ(DVD付き)


通じる英語・上達のコツ (新書y)
通じる英語・上達のコツ (新書y)

ジャンル:
セールスランク:38307 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 337 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

辛口で痛快、そして真摯

総論として、
いかに英語学習者・教育者の現状認識が甘いか
英語の勉強は本当に難しく大変か
ということを述べた上で、発音改善の実践論に入る。
この発音練習パートが非常に独創的ですぐれているので
帰国子女か混血児でもない限り、ぜひ目を通してみて欲しい。

同著者による『手づくり英語発音道場(平凡社新書)』
も参照されたし。

その他英語をめぐる諸々の事について痛快なコメントが多く、
私が特に注目したのは
元国連事務次長の明石康の英語がひどいという批判である。
私も常々そう思っていた。
東大教養学科(国際関係論)出身の“英語の達人”として
小和田恒と明石康が挙げられることが多いが、
どっちも無内容で日本人訛丸出しの英語を喋るので
まったくどこが達人なのかと、
政治的無能も含め嗤っていたものだった。

そしてもう一点、
日本人が東南アジアなどに旅行に行くと
平気でブロークンイングリッシュを使いこなすくせに、
白人の英米ネイティブスピーカー大先生様の前では
恐縮して喋れなくなるのは人種差別であるという指摘である。
辛口の英語発音上達指南

著者は、発音記号を駆使することによって英語の発音が上達することを解く。日本の英語教育についてかなりの危機感を持っておられるのだろう。多少乱暴かなと思われる記述もあるけれど、発音、アクセント、イントネーションなど、他の発音の本に書かれていないアメリカ標準英語特有の現象のもろもろについて注意が喚起されている。この解説は微細にいたり、大変詳しく書かれている。この本を読んでいままで考えもしなかったことに気づかされた。

漫然とCDを流し聞きしたりするのだけは注意した方がよいようである。

英語公用語論に反対し、日本の英語教育の現状についての批判、そして持論を展開する部分には読者の好みはあろうが、発音記号を重視すべきという著者の主張は、傾聴に値するものだと思う



洋泉社







         
         
         
         

Ads by Sitemix