マカオ歴史散歩 (とんぼの本)



龍在香港―香港映画の新時代ブルース・リー ドラゴン伝説ブルース・リー大全集―李小竜マテリアル完全コレクション・ガイド・ブック無敵の香港 イラストレイテッド新香港1000事典―魅力つきない香港のすべてを1000のキーワードで読み解く香港 (2006-07) (地球の歩き方MOOK)とらむ香港 (2002) (J guide magazine)マカオ不動産投資完全マニュアル (本気の海外投資シリーズ 9)マカオノスタルジック紀行 (アジアの街トラベルガイド)マカオ歴史散歩 (とんぼの本)


マカオ歴史散歩 (とんぼの本)
マカオ歴史散歩 (とんぼの本)

ジャンル:
セールスランク:115072 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,365 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

知らなかったマカオの素顔

旅行のガイドブック、ツアーパンフレット、どれを見ても香港の付属品のように扱われ、結局カジノ巡りで終了してしまいがちな街ですが、世界遺産に登録されてから人々の見る目も変わってきています。
かつて香港に住んでおり何度もマカオを訪れていましたが、本書を読むまで、その昔日本を追われたキリスト教徒達がこの街に暮らし、日本と深いつながりがあることを知りませんでした。近代化され人工的な感じがする香港とくらべ、どこか田舎臭く懐かしい感じがするマカオへ本書を片手に旅することをお薦めします。
リゾートとしてのマカオ

この本を持ってマカオに行ってみました。
香港よりずっと開放的で、空が広く、南欧的な感じが好ましい町でした。特にセナド広場とサンペドロ劇場の色彩美は印象的でした。香港に泊まらなくて良かったと思ったぐらいです。
この本は、ちょっと美化し過ぎのところもありますが、確実な情報、美しい写真で、マカオへの誘いとしては上々です。ただ、海が沖縄ほどよくないのでダイビングなどのリゾートにはならないでしょう。
散歩気分でマカオが分かります

マカオは「香港・マカオ」としてセットで紹介されることが多く、わりと印象の薄い人が多いのでは? 私もそうだったので、そんな方たちにこそぜひ読んでみてほしい。マカオをメインとしてとりあげた物は珍しく、読んでみると「マカオだけでこんなに語れるものがあるのか」と驚きできした。ポルトガルと中国の文化を合わせ持つマカオの歴史に触れながら、教会や寺院、街角や路地裏の様子など、そこに住む人々の生活がみえ、写真も多くきれいなので楽しく読めます。詳しい地図もあり、レストラン紹介などのガイド情報も充実しているので、マカオで散策ができる本です。
まさに目から鱗

夫婦で旅行をと考えていたところ書店でふと見かけた「マカオ歴史散歩」。これまでマカオはどうしてもギャンブルのイメージでした。香港から日帰り旅行で行ったことがある程度のマカオでしたが、マカオはこんなに歴史があって、散策が楽しい街とは……。まさに目から鱗でした。この本を片手に、夫婦でマカオを歩いてみようと思っています。筆者は旅行会社の経営者となっていますが、プロの目からマカオを見るとこうなるんだ、と感心してしまいました。わかりやすいウォーキングマップと、おすすめのルートも付いていて、親切ですね。



新潮社
マカオノスタルジック紀行 (アジアの街トラベルガイド)
マカオの歴史―南蛮の光と影 (あじあブックス)
極楽マカオ案内 (コロナ・ブックス)
可能性としてのマカオ―曖昧都市の位相
マカオで道草







         
         
         
         

Ads by Sitemix