青年社長―若き起業家の熱き夢と挑戦〈上〉



億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方―入門・海外個人投資金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスンネット・ビジネスモデルの経営―進化するサプライチェーン革命週末に起業して成功する人、失敗する人大前研一のアタッカーズビジネススクール〈Part3〉―起業家スキルと事業アイデア養成講座お金は使えば使うほど増える日本人が知らなかったネットで稼ぐ新手法 ドロップシッピング青年社長―若き起業家の熱き夢と挑戦〈上〉IT法大全―ビジネス・ローのIT対応と最先端実務芸術起業論


青年社長―若き起業家の熱き夢と挑戦〈上〉
青年社長―若き起業家の熱き夢と挑戦〈上〉

ジャンル:
セールスランク:167170 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 799 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

起業家とは?リーダーシップとは?

企業家のノンフィクションモノが好きなのと渡邉社長と歳が近いので読んでみた。
冒頭の佐川SDの描写に引きづり込まれて読みだした。
読んでいて思ったのは、何をやるにも目標を明確に立てそれに向けて邁進する事、
努力 行動を惜しまない事。
それと、本作に似た題材で、城山三郎氏著作の小説『外食王の飢え』を想起してしまった。
「外食王の飢え」の主人公モデルの江頭氏も明大出身(と言っても氏は卒論を破棄してして自ら中退となったが…)
である事など共通項が多い。時代背景や小説の脚色の違いを差し引いても根底のある、
信念に則り困難を排除して突き進む姿勢はいつの時代も普遍である。

余談ながら、当方も以前外食の仕事に携わっていた経験があるので、
業界の裏事情も嫌と言うほど熟知している為。
ストーリー上必要無いと言えば無いが、本書のようなキレイ事ばかりでなく
ダーティな部分、労働搾取の部分の描写が少ないのが不満であった。
当方が勤務していた会社も創業者の強烈なリーダ?シップの元、一代で上場を果たした会社であった。
上場前には、利益確保の為の残業手当のカット、店舗リストラ、
上場後は創業者利益を得た幹部社員の離脱等色々あったなと懐かしくも思ってしまった。


内容はまあまあだが、文章がくさすぎ

企業を立ち上げ、上場させるまでの物語。期待して読み進めたが、文章が幼稚で言い回しが変。特にセリフがくさくて興ざめだった。中身も薄気味でがっかりだった。
読みやすい文章ではある

小説としてはかなり薄味ですね。
実在のモデルの魅力に着目して執筆された小説なので、美化されるのは仕方がないのでしょうか。
例えば独裁者や首領の肖像画が、やたら美しく描かれているような薄ら寒さがあります。
曲がりなりにも起業して、一部上場した企業の生い立ちが本当にこんな風だったとは
私には思えませんでした。つまるところ「お話」なのであまり過剰に反応すべきでないのかもしれません。
邪推せず、さらりと読むのが賢明でしょうか。
小説の質とこの社長の事

小説としての出来はあまりよくない。この作者、金融腐蝕列島以外は内容が薄い。
金融?にしても経済小説というより島耕作系の話として楽しめる、という感じですが。
この作者、実在の人をモデルにした小説を書くと、思い入れが強すぎるのか思い込みが激しすぎるのか小説としてのバランスを著しく欠く事が多い気がします。
それからモデルになっている社長に関してですが、もともと光り輝くこの人には深く陰惨な闇があるんだろうな、と想像していたのですが、この本を読んで予想通りでした。
いるんですよね、他人が自分に無私で奉仕するのが当たり前と考える、というかそんな事すら意識しない人が。
奥さんとの結婚話もドン引きでした。大人の世界においてラブレターで離婚を決める女性っているんですかねぇ。色々あったんでしょうか。
徹底的にやりきる

今やテレビや雑誌などで数多く取り上げられる渡邉美樹。
その華やかの裏には、相当な努力の日々が続いていました。

有名な居酒屋、和民が生まれるまでの過程はもちろん、
彼の人生の道のりがすべて書かれている本です。

成功するために必要なことは何なのかということ、
自分にとっての成功とは何かということを考えるきっかけになりました。

やりたいことがあるなら、徹底的にやりきること。
そんな教訓を得た一冊になりました。



ダイヤモンド社
青年社長〈下〉 (角川文庫)
ザ エクセレント カンパニー 新・燃ゆるとき (角川文庫)
あと5センチ、夢に近づく方法―渡邉美樹が戦いながら身につけた起業論 (祥伝社黄金文庫)
サービスが感動に変わる時―青年社長渡辺美樹の社員への熱いメッセージ
新たなる「挑戦」―夢をカタチにする時







         
         
         
         

Ads by Sitemix